IFCA国際食学協会認定教室  NPO日本食育インストラクター育成推進校
マクロビオティック料理教室 ナチュラルキッチンアンジェリカ
Natural Kitchen angelica では、「身体を支える食事」をコンセプトに

マクロビオテックをベースにした穀物菜食料理教室の開催をしております。

詳しい日程などはschoolのページをご覧ください。




2016年5月の教室予定をアップしました。詳しくは、教室案内をご覧ください。

資格講座を修了された方々から感想を頂きました。受講生の方々からの感想で紹介しています。ぜひご覧ください。

当教室は、2012年2月よりIFCA国際食学協会認定教室となりました。美容業界、芸能界など「美」や「食」に携わる人々の注目の資格、「マクロビオティック検定A級・S級」「美容食学検定A級・S級」講座を受講できるようになりました。講座終了後は、検定を受けて資格を取得できます。
詳しくは、資格・検定のページをご覧ください。

 行楽シーズン本番の5月を迎えました
外食が多くなりがちで、不調になりやすい・・といった声も聞かれるころですが、
食べ合わせにちょっと気を使うだけで、翌朝胃がもたる、肌の調子が悪い、おなかの調子がどうも。。といった症状から逃れることができます。
 それが、日本人が昔から体験を通して伝えてきた「薬味」の持つ「毒消し」の効能です。

 たとえば陽性のエネルギーの強い牛肉にあわせる「こしょう」、「唐辛子」、「きのこ類」
 
お刺身では、マグロには「わさび」、かつおに「しょうがやにんにく」さんま、あじには大根おろしなどと いった風に。
 ほかにもしそ、みょうが、さんしょうなどのジャパニーズハーブなどを上手に使いこなす食べ合わせは、食べ物の毒素、化学物質を上手に抱き込んで体に吸収されるのを防ぎます。
 陰陽原理にもかなったこれらの薬味の使いわけに長けている日本人の知恵です。

 食べたいものを制限するのではなく、陰陽の原理を踏まえた「食べ方」を工夫することで健康で美容にも効果的な食習慣を身につけることができます。
 
  
 

 




素材サイト様 フリー素材*ヒバナ *  *
(C)2006 angelica All Rights Reserved