IFCA国際食学協会認定教室  NPO日本食育インストラクター育成推進校
マクロビオティック料理教室 ナチュラルキッチンアンジェリカ
Natural Kitchen angelica では、「身体を支える食事」をコンセプトに

マクロビオテックをベースにした穀物菜食料理教室の開催をしております。

詳しい日程などはschoolのページをご覧ください。




2016年12月の教室予定をアップしました。詳しくは、教室案内をご覧ください。

資格講座を修了された方々から感想を頂きました。受講生の方々からの感想で紹介しています。ぜひご覧ください。

当教室は、2012年2月よりIFCA国際食学協会認定教室となりました。美容業界、芸能界など「美」や「食」に携わる人々の注目の資格、「マクロビオティック検定A級・S級」「美容食学検定A級・S級」講座を受講できるようになりました。講座終了後は、検定を受けて資格を取得できます。
詳しくは、資格・検定のページをご覧ください。

今年もいよいよ「師走」です。師走と聞くだけでやっておかなくてはいけないことが山積みなような気がして落ち着きません。その中に大掃除も含まれるのですが・・。

先日教室の際、髪型の話題が出ました。女性の場合は髪をバッサリ切るとイメチェンが出来て気分も変わったりするのですが、男性の場合は大きく髪型が変わることはあまりないですね。

男性は陽性の性質を持ち、一般には髪が短い(陽)方が多く、
女性は陰性の性質を持つので髪を長く(陰)していたのが古来では多かったようです

ところが、女性にも仕事をもち、自分を表現する場(陽)が増えると髪を短く(陽)にして
アクティブに行動する女性が増えてきました。
いっっぽう男性でも芸術家のような直感、精神性(陰)の世界を大事にする方は
ロングへアになさる方もいらっしゃいます。

髪型を見ても男女や時代の陰陽が読み取れて面白いものです。

さて、先述の大掃除、
女性で長い髪をおろしたままにしているとエネルギーは拡散し続けるので、静かに座っていたくなり、いっこうにそうじははかどりません。髪の毛を束ねた状態(陽性)でエネルギーの拡散を止め、陽性に変換すると地に足がついて手足も活動的になります。和服を着ていた昔の女性は髪をまとめ手ぬぐいをかぶり、た
すき掛けをして上半身を締め(陽)、活動するスタイルを自然に作っていたといえるでしょう





素材サイト様 フリー素材*ヒバナ *  *
(C)2006 angelica All Rights Reserved